大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

はじめての方

  • 電話する
  • web予約
よくあるご質問

よくあるご質問

診察について

子どもが欲しいのですが、なかなか授かれず、何をしたら良いのか分かりません。ブライダルチェックか不妊外来のどちらを受けたら良いのでしょうか?
ブライダルチェックは自費診療で必要最低限の検査を1回でまとめて受けることができ、忙しく通院が難しい方にはそれなりに良いかもしれません。しかし不妊の原因は多岐にわたるため、可能であれば不妊外来をご受診いただく方が良いです。
赤ちゃんを望んで1年経過しても妊娠しない場合、女性の年齢が35歳以上の場合は6か月以上経過しても妊娠しない場合は不妊症と定義されています。不妊外来ではご主人様のご協力、同意が必要となります。
初診は夫婦で受診した方が良いですか?
特に決まりはありませんが、不妊治療の場合は、ご夫婦のスクリーニング検査が必要です。
それを元にご夫婦に対し治療計画書をお渡しすることになりますので、いずれご主人様のご協力は必要となります。
夫の協力が得られません
まずは一般婦人科で奥様の検査を行うことは可能です。
他院で血液検査をしているのですが、再度必要ですか?
他院の検査結果があればご提出ください。周期変動するホルモン値や、検査を受けた時期、検査方法によっては再度同じ検査を受けていただく場合はあります。
治療を再開したいのですがいつ行けば良いですか?
まずは生理日と重ならない日でご予約ください。2人目希望の方は、断乳後生理が2、3回順調に戻ってきた頃を目安にしてください。産後の経過など簡単な検査を行い、治療再開に向けてスケジューリングいたします。
不妊治療の初診時はどのような流れですか?
問診と一般的な診察(超音波検査、子宮頚がん検査、クラミジア抗原検査など)を行います。
子宮や卵巣の状態を見て、妊娠を妨げる障害があるかどうかを診察します。
不妊治療をはじめるにあたって上記を加味し、その方に必要な検査やその方一人ひとりに合った治療をご提案します。不妊治療は医療専門用語も多く、不安なお気持ちもあるかと思います。分からないことは医師だけでなく看護師や受付にも遠慮なくお申し出ください。また不妊治療の基礎が学べる動画も公開しておりますのでご覧ください。ご自身の希望も交えて相談できるとなお良いかと思います。
動画は 動画で学ぼう不妊治療の基礎 をご覧ください。
初診時の費用はどのくらいかかりますか?
内容にもよりますが保険診療であれば6000円程度ご持参いただいております。
詳しくは 費用のこと をご覧ください。
事実婚ですが不妊外来を受診することは可能ですか?
夫婦別姓でも戸籍抄本と同意書及び誓約書にご署名をいただくことで治療は可能です。
外国国籍の方は結婚証明書と申告書、誓約書が必要となります。
仕事をしているのですが、不妊治療は可能ですか?
お仕事が忙しい方をはじめ遠方にお住いの方も、治療に必要な時期にご来院頂けるのであれば可能です。
不妊治療においては、卵胞チェックなどをご自宅近くの医療機関で行っていただくことや、在宅自己注射が出来るのであれば、来院回数を少しは減らすことが可能です。
単身赴任の方は精子凍結をしておくことができますが、精子凍結は保険適用外のため全てが自費になります。
また『不妊治療連絡カード』の記入も承っておりますので、ご希望の方はお申し出ください。
妊活雑誌で鍼灸や整体、ヨガ等をよく見ますが受けても大丈夫ですか?
適度な運動は必要ですが、着床時期や妊娠時は、ホットヨガなどはよくないですので、ご興味のある方はご来院時にまずは担当医にご相談ください。
レントゲン撮影を受けても大丈夫ですか?
お勤め先の健康診断や人間ドック、歯科治療などでレントゲン撮影はつきものです。受ける予定がある時は予め担当医にご確認ください。緊急時は、先方の担当医に不妊治療中である旨をお伝えください。
独身女性ですが卵子(未受精卵)凍結はしていただけますか?
卵子(未受精卵)の凍結は行っておりません。当院は受精卵の凍結と、人工授精や体外受精時に単身赴任等で不在となる場合にのみ精子凍結(自費)を行っております。
採卵予定で生理3日目に受診するように言われましたが行けません。今回の採卵は諦めるしかないですか?
前以て予定が分かっているのであれば3日目よりも前に一度ご受診ください。刺激方法やその方のお身体によって、その受ける影響も違います。一概には言えませんので早めにご受診していただき担当医とご相談ください。
採卵日当日なのに寝過ごしましたが大丈夫でしょうか?
排卵してしまうのでなるべく早くお越しください。排卵してしまった場合は採卵キャンセルとなります。
採卵や胚移植後はどのように過ごせば良いですか?
採卵や移植のご帰宅後は、安静にしていて下さい。当日はシャワーで翌日から入浴可能です。
過激なスポーツは控え、夫婦生活は医師の指示があるまで禁欲して下さい。
移植後出血がありますが大丈夫でしょうか?
子宮内操作を行うため出血する場合があります。安心のためご受診いただくか、担当医にご連絡ください。
妊娠判定前ですが出血がありました。生理と思うのですがもう行かなくても良いですか?
体外受精であっても子宮外妊娠をしている可能性は否定できませんので予定通りお越しください。
妊娠中の日常生活で気をつけることは?
軽度の出血がある時は、半日~1日様子を見てください。増加するようなら翌日ご受診ください。
腹痛がある場合は、我慢できる程度は様子を見ていただいても、ほとんどは問題ありません。
詳しくは 妊娠後について (PDF) をご覧ください。
卵管鏡下卵管形成術(FT)や子宮鏡と卵管造影検査のみ受けたいのですが可能ですか?
他院で治療を継続しながら、それらを受けていただくことは可能です。術前検査を受けていただく場合もありますので、まずは初診のご予約をとり担当医とスケジューリングしてください。
初診時には紹介状を、FTの方は感染症や卵管造影検査を併せてお持ちください。

  • 各種書類ダウンロードはこちら
  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報