大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

初めての方

  • 電話する
  • web予約

特定不妊治療費助成事業

不妊治療の助成金制度について

当院は、特定不妊治療支援事業の指定医療機関です。
特定不妊治療である体外受精、顕微授精などはすべて医療保険の適用外で、高額な負担となります。不妊治療にかかる費用が家計に影響するのは確かです。治療を続けていくうえで、治療費が壁になっているというご夫婦も少なくありません。そこで日本では不妊治療に取り組む方をサポートするために、2004年から特定不妊治療に要する費用の一部を助成する制度がはじまりました。

対象となる治療法

特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)
ただし、妊娠判定実施後の治療(流産の予防など)や、卵胞が発育しない場合など、採卵に至らなかった場合は助成対象外です。(卵胞を採取したが、卵が得られなかった場合は、助成の対象となります。)

助成回数

通算助成回数は、初回治療開始時点の妻の年齢が40歳未満の場合は通算6回まで、40歳以上43歳未満の場合は通算3回までです。平成30年度までに助成を受けた回数も通算します。
治療開始の年齢によって助成が変わるということにご注意ください。

申請期限

各自治体が実施している助成金には申請期限があります。
申請期限を過ぎられますと受付されませんので、ご注意ください。特定不妊治療助成(体外受精・顕微授精)は妊娠判定または治療中止など、原則として治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日)です。
※各自治体によって申請期限や条件、必要書類が違います。詳しくはお住まいの各都道府県のホームページまたは保健局にお問い合わせください。

助成金申請をご希望の方

医療機関が発行する申請に必要な書類

特定治療支援事業受診等証明書などの証明書を当院では無料で発行しております。
証明書の作成には約2週間かかります。治療が終了次第(3月31日までに終了予定の方は事前に)証明書の作成依頼を受付でお申し出ください。
年度末は大変混みあいますので、終了されている方は早めのご依頼をお願い致します。

ご持参いただくもの

各自治体の申請用紙(受診等証明書)ご本人様にしか申請書類を渡されない自治体もございますので、
先ずはご確認ください。

・大阪府(大阪市・堺市・豊中市・高槻市・枚方市・東大阪市、寝屋川市を除く)、大阪市・堺市・豊中市・高槻市・枚方市・東大阪市、寝屋川市
・兵庫県(尼崎市、西宮市、神戸市、明石市、姫路市を除く)尼崎市、西宮市、神戸市、明石市、姫路市
・京都府(京都市を除く)京都市
・奈良県(奈良市を除く)、奈良市
・和歌山県(和歌山市を除く)、和歌山市、紀の川市
・滋賀県(大津市を除く)大津市
・三重県
上記の用紙は当院にてご用意しております。

  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報