大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

はじめての方

  • 電話する
  • web予約
診療内容

卵管鏡下卵管形成術(FT)

卵管鏡下卵管形成術(FT)とは、不妊の三大原因の1つ卵管因子において、卵管が詰まっている(卵管閉塞)、卵管が狭くなっている(卵管狭窄)と診断された場合に行われる、 卵管の通過障害を改善するためのカテーテル手術です。身体への負担が少なく、所要時間は30分程度であり日帰りでの治療が可能です。

手術について

手術は、バルーンという風船を内蔵したカテーテルを用いて、対象部位を押し広げます。

そして最後に、内蔵されている卵管鏡で卵管内の確認をします。

適応例

  • 子宮卵管造影検査で卵管閉塞、卵管狭窄と診断された方
  • ※他院で治療を継続しながら、当クリニックでFT手術のみ受けていただくことも可能です。
    紹介状と一緒に、感染症や卵管造影の画像をお持ちください。

  • タイミング療法や人工授精などの自然妊娠を希望している方

手術時期

月経7 - 12日目頃の排卵までの時期に行います。
※FT手術を実施した周期も妊娠は可能です。

月曜日・火曜日・水曜日・金曜日(予約制)
時間は担当医にご相談ください。

麻酔

当クリニックでは静脈麻酔を使用して行います。
麻酔から覚め、状態によってはお薬を処方する場合があります。

高額療養費対象治療

卵管鏡下卵管形成術(FT)は、健康保険適用の手術ですが保険点数が高いため『高額療養費制度』の対象となります。

ご自身で手続きをしていただき、事前に認定証をご提示いただければ、窓口でのお支払は自己負担限度額までとなります。

卵管鏡下卵管形成術(FT)当日までに、認定証のご提示が無い場合は、健康保険の負担金額を全額お支払いいただきます。
その後、高額療養費の申請をしていただきますと、後日ご加入の医療保険から差額が支給されます。
※お手続きは勤務先の保険担当、またはご加入の保険者に直接お問い合わせください。

  • 健康保険3割負担の場合
  • 片側の治療 約¥140,000
    両側の治療 約¥280,000

  • 高額療養費制度自己負担限度額
  • 所得 自己負担限度額
    年収 約1,160万円の方 約260,000円
    年収 約770〜1,160万円の方 約180,000円
    年収 約370〜770万円の方 約87,000円
    〜約370万円の方 約57,600円
    非課税者世帯等の方 約35,400円

  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報