大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制になっています

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方
06-6231-6335
ご通院中の方
  • 電話する
  • web予約
ブライダルチェックをご希望の方
  • 電話する
  • web予約
よくあるご質問

よくあるご質問

流産・不育症について

妊娠中に日常生活で気をつけることは?
普段の生活レベルの「慣れていることを8割程度」にペースダウンした生活を目安にして過ごされるとよいと思います。
特に流産の既往のある方の場合は、『安静にまさる予防法なし』と心がけてください。熱すぎるお湯での入浴や長湯、また旅行は避けていただく方がよいでしょう。
主治医とよく相談して無理のない生活を送ってください。
今迄に2回流産しています。原因を調べてもらえますか?
流産を繰り返していると流産率は高くなります。また、流産してしまうのではないかと、妊娠することにも不安を感じてしまいます。元気な赤ちゃんに恵まれる可能性が低くなりますから、流産の原因を調べて対策を立てることが大切です。検査については、【流産・不育症】の項をご参照ください。
流産の兆候は?
妊娠初期の流産を切迫流産といいます。下腹部が時間をおいて軽く張るとか、軽い痛みを感じる、また出血や血液の混じった白帯下があったりします。この時期は、まだ子宮口が開いていませんから、安静にして適切な手当てをすれば流産を防ぐこともできます。早く医師の診察を受けてください。
流産すると不妊症になると聞いたのですが、本当ですか?
流産後の処置が不完全なままだと、不妊症になることがあります。
流産すると、胎児や卵膜、胎盤などが出血とともに排出されますが、このとき、内容物を残さないこと、そして完全に元通りの状態に回復しておくことが大切です。そのためには、安静が第一で、出血のあるときは月経用のナプキンを当てて、清潔を保つようにしてください。

  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報