大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

初めての方

  • 電話する
  • web予約
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

2020.11.6 ブログ

院長ブログ『どうして女性に膀胱炎が多いの?』

膀胱炎は尿道から大腸菌などの細菌が侵入して起こる細菌感染症のことです。
通常、膀胱には細菌に対する自己防衛力があり、細菌が侵入しても尿と一緒に洗い流されたり、膀胱の粘膜の殺菌作用で防いでいます。ところが、体力が落ちていると、この作用が低下して細菌に感染してしまうのです。
女性に多いのは、尿道が男性よりずっと短いうえに、構造上、膣や肛門と近い位置に並んでいるので、排便や月経、性行為によって細菌が侵入しやすいからなのです。

【症状】
トイレに行ったばかりなのに、すぐに行きたくなるほどの頻尿。排尿時の痛みや残尿感、下腹部痛、腰痛など。また、尿が白く濁り、血が混ざることもあります。高熱が出た場合は、細菌が腎臓まで達して炎症を起こす腎盂腎炎が疑われます。
【検査と治療】
簡単な尿検査や細菌培養検査で感染した細菌の種類を判定し、それに合った抗生物質などで治療します。

普段から水分をたっぷり摂り、細菌と尿を一緒に洗い流すようにしましょう。予防のためにもトイレを我慢しないことが大切です。清潔に保つことも大事で、雑菌が膣や尿道に入らないように、排便時はペーパーで前から後に拭くようにします。
便秘で膀胱が圧迫されると、膀胱の収縮が悪くなり、残尿が膀胱炎の原因となることもあります。また、体の抵抗力が弱まると感染しやすくなるので、日頃から風邪をひかないよう体調を整え、疲労をためないように気を付けましょう。

  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報