大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

はじめての方

  • 電話する
  • web予約
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

2022.4.9 ブログ

胚(受精卵)の凍結保存について【Q&A】

NOIMAGE

Q どんなときに凍結保存するのでしょうか?
A 採卵で多数の卵がとれた場合。

卵巣刺激により約20個以上の多数の卵胞が発育すると、卵胞ホルモンのエストラジオールの値が異常に高くなり、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性があります。このOHSSとは、卵巣が腫大し、腹部膨満感や嘔気・嘔吐、重症になると血栓症で生命の危険に関わることもあります。
このOHSSの可能性のある方が妊娠するとOHSSが増悪するので、その周期は胚移植を行わず、成長した良好胚は全て凍結保存し、体調が落ち着くのを待ちます。
またこのような異常に高いホルモン環境になっている状態では、胚の着床が阻害されるため、凍結保存をしておいて、1~2周期後に融解胚移植を行います。

 

Q 凍結方法は?
A 近年は超高速ガラス化保存法という方法で行っています。

凍結時に胚の中の水分を平衡化液に置換し、最後に保存液にひたして-196℃の液体窒素の中で保存します。

 

Q 凍結して長期保存しても大丈夫なの?
A 長期保存しても劣化することはないと言われています。

胚は-196℃の液体窒素の中で、細胞内の水分が殆どない状態で保存されていますので、半永久的に保存できると言われています。

  • 各種書類ダウンロードはこちら
  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報