大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

初めての方

  • 電話する
  • web予約
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

2021.5.25 ブログ

男性型脱毛治療薬(AGA治療薬)と不妊症について

NOIMAGE

男性における男性型脱毛症(AGA)の進行遅延に使われる薬には5α還元酵素阻害薬という薬があります。これは、男性型脱毛の原因となる、男性ホルモンが活性化して作られる活性型DHT(ジヒドロテストステロン)という物質の産生を抑制します。

しかし、男性ホルモンは精子形成や性機能にも重要な役割があるため、この活性が抑えられることによる副作用が現れることがあります。例えばED(勃起障害)、精液量や精子数の減少などです。いずれも副作用の発生としては1%未満ですのでそんなに多い印象ではありません。

ただし、不妊治療や妊活中にはやはり注意が必要です。
実際に当院でも乏精子症だった方が、実はAGA治療薬を内服していたことが分かり、内服を中止したところすぐに正常精子数に回復したというケースもありました。

もし精液検査の結果が良い結果で無かった場合、この薬の内服がないかも確認が必要かもしれませんし、もし内服中でまだ精子検査を受けたことがないという方は、一度検査を受けてみてはいかがでしょうか。
不妊症の原因は半分は男性因子と言われています。しかしこれが原因だったと気づきにくいものでもあります。ですから、まだ受けたことがない、という方は精子検査を受けてご自身の状態を確認することはとても重要だと思います。

  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報