大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

はじめての方

  • 電話する
  • web予約
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

2021.10.28 おうちで妊活

妊娠しやすい身体づくり『糖質』

NOIMAGE

現代の食生活では多くの方が糖質を摂りすぎている傾向がありますが、糖質を摂りすぎると太りやすくなるだけではなく、血糖値が乱れることで、ホルモンバランスも乱れやすくなり、排卵障害の原因にもなります。

低糖質のコツは、できるだけ茶色いものを選ぶこと。白米や食パンなどの精製された白い糖質は身体に吸収されやすく、血糖値を急激に上昇させてしまいます。できるだけ血糖値の上昇が緩やかな、玄米や全粒粉で作られたものを選びましょう。

血糖値の吸収を緩やかにするために、野菜などの食物繊維を最初に食べ、次に副菜や主菜を食べて糖質は最後に食べることも大切です。
ご飯やパンといった主食には糖質が多く含まれていますから、主食を控えめにしておかずをメインにした たんぱく質中心の食事を意識しましょう。

食事を抜くことで食事の間隔が長くなってしまうと、血糖値の変動が激しくなり脂肪がたまりやすくなるので避けたほうが良いでしょう。
食事の間隔が短ければ血糖値の変動が少ないため、1日3食の食事+10時と15時のおやつが理想です。
芸能人が実践していると言われて流行った1日5食ダイエットと同じ原理ですね。

おやつと聞くと甘いお菓子を食べたくなってしまいがちですが、こちらは血糖値の急上昇を招きますので、栄養面を考慮するとチーズやナッツ類、ゆで卵などがオススメです。

これらのことは近年よく耳にするようになりましたが、毎日の習慣に取り入れるとなると、しっかりと心がけることが求められます。
時にはルールに縛られずに好きなものを食べることもとても大切ですが、妊娠に向けた体内環境を整えるためにも、これからずっと付き合っていくご自身の身体のためにも、今一度食生活に意識を向けてみましょう。

  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報