大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

はじめての方

  • 電話する
  • web予約
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

2022.3.6 お知らせ

不妊治療保険適応について

NOIMAGE

2022年4月より体外受精、顕微授精などが保険適応となります。
病状が疑われる場合、原因究明のための検査、病名確定後の投薬、手術などは、そのほとんどに健康保険が適用されますが、それゆえに理屈やルールがついてきます。また、保険診療と自費診療の併用(混合診療)は原則として国より禁止されておりますので、必要な場合は自費診療で受けていただくようになります。
保険診療の料金表も近々公開予定です。また自費の料金は変更なく従来通りとさせていただきます。

保険適応の対象
治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である法律婚または事実婚の方で、生殖補助医療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された方が対象となります。
※治療期間の初日は、初診日ではなく、治療計画を立てた時点となりますのでご注意ください。

回数制限について
40歳未満…通算子ども1人あたり6回まで
40歳以上43歳未満…通算子ども1人あたり3回まで
※回数は、胚移植を行った回数がカウントされます。

採卵について
将来使用することを目的として採卵を行うのは保険対象外であり、自費であっても当クリニックでは未受精卵の凍結保存は行っておりません。

AMH検査について
AMH検査も保険適応になってはいますが、卵巣刺激法における投与量の判断のために行う場合に限り適応となります。
卵巣予備能を調べたい場合は従来通り自費でのお取り扱いとなります。

費用について
治療計画を立ててから移植または凍結までにかかる費用の平均的な目安は約10万~20万です。
費用は獲得した卵の数によって変わります。受精方法や受精した個数、先進医療であるタイムラプス利用など付けられるオプションによって違います。

これに治療計画前の初診料やスクリーニング検査が含まれます。
保険診療でも不妊治療は費用がかかりますが、高額療養費制度の対象となるため、限度額認定証の提示があれば約35,400円~約260,000円の自己負担限度額でのお支払いが可能になります。

  • 各種書類ダウンロードはこちら
  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報