大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制です

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方

06-6231-6335

※AID、公的・企業検診をご希望の方はお電話にてご予約願います。

ご通院中の方

  • 電話する
  • web予約

はじめての方

  • 電話する
  • web予約
診療内容

慢性子宮内膜炎

この慢性子宮内膜炎の主な原因は細菌感染と考えられています。種々の細菌などが子宮内膜に付着し、子宮内膜に慢性の炎症を起こす病態です。受精卵が着床しにくくなる着床不全をきたしたり、反復流産をおこしたりする可能性があります。

慢性子宮内膜炎

細菌が体内に侵入すると免疫細胞の一種であるB細胞が抗体を作り出す形質細胞に変化します。

細菌感染によって内膜が炎症を起こすと基底層にこの形質細胞が確認できますので検査では基底層を採取し、内膜の細菌検査と組織検査を行います。痛みが伴うこともありますが、麻酔の必要はありません。治療が必要であった場合は抗生剤治療を行います。アレルギーがある方はあらかじめ申しでてください。

必要に応じて、内膜組織を再検査することがあります。

  • 各種書類ダウンロードはこちら
  • ブライダルチェック

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • 院長ブログ
  • よくあるご質問

クリニック情報