大阪の不妊治療専門クリニック / 御堂筋線「本町」駅すぐ

  • アクセス
  • ご予約
  • MENU

当院は予約制になっています

ご来院内容によってご予約の方法・受付時間が異なりますのでご注意下さい。
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。

はじめての方
06-6231-6335
ご通院中の方
  • 電話する
  • web予約
ブライダルチェックをご希望の方
  • 電話する
  • web予約
用語集

用語集

マイクロサージェリー
マイクロサージャリーとは、顕微鏡下手術のことです。顕微鏡を覗きながら特殊な器具を用いて卵管の閉塞や癒着の治療のために行います。以前は、卵管性不妊で悩む夫婦の治療法でしたが、体外受精を施行する施設や技術の向上により、現在では選択されるケースが少ないようです。
マカ
マカはペルー原産のアブラナ科の多年性植物で、アンデス高地で栽培されています。円錐形の根を持ち、アルギニン酸やリジンなどの必須アミノ酸、リノール酸やα―リノレン酸などの不飽和脂肪酸が含まれます。これらの不飽和脂肪酸は、高血圧、高脂血症予防に効果があるといわれます。また、カルシウムや鉄の栄養分が含まれることから、滋養強壮の食材とされてきました。マカの効果には、活力増強、集中力の向上、ストレス軽減、更年期障害軽減、精力回復、不妊症の改善があると言われています。

未熟卵子体外培養体外受精法(IVM-IVF)
未熟卵子体外培養体外受精法(IVM-IVF)とは、卵胞の成長過程で採卵をし、体外で成熟させる方法です。その後に顕微授精を行い、通常の体外受精と同じように胚移植します。PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)患者が過排卵刺激を行なうと、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の危険性が高いことから、未熟卵を使った体外受精が行われるようになりました。
密度勾配法
密度勾配法とは、遠心管中の溶液に密度勾配をつくり、これを利用して分離する方法です。パーコール液を多層に充填し、精子の回収に用いられることがあります。

無精子症
無精子症とは、精液の中に精子がいない状態のことです。造精機能の障害が原因で精子が作られていない状態を非閉塞性無精子症、造精機能は保っているものの精子の通り道がふさがっている状態を閉塞性無精子症と言います。
無排卵
無排卵とは、卵巣から排卵されない状態のことです。無月経になる場合と、月経が起こる場合があります。
無排卵性月経
無排卵性月経とは、排卵を伴わない月経を言います。基礎体温上で高温期と低温期の差がなく、月経周期が不安定(短かったり長かったり)で、不正出血が起こりやすいのが特徴です。また、月経量が少なかったり多かったり、すぐに終わってしまったり、長期間続いたりする場合があります。思春期の初経から1~2年は無排卵性月経であることが多いです。妊娠を希望する人にとっては不妊の原因にもなり、治療法は妊娠を望んでいるかどうかで変わります。妊娠を望んでいる場合には、排卵を起こさせるために排卵誘発剤を服用するか、卵巣刺激の注射を打つことになります。また妊娠を望んでいない場合には、プロゲステロン剤で消退出血を起こしたり、エストロゲンとプロゲステロンの複合薬(ピルと呼ばれる薬)を服用して、規則正しく消退出血を起こすこともできます。

メトホルミン
メトホルミンとは、インスリン抵抗性を改善する薬のことです。糖尿病治療薬として用いられます。また、不妊症の原因であるPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効果があることが認められています。PCOSは男性ホルモン(アンドロゲン)の過剰分泌が問題になるため、メトホルミンを服用することでPCOSの排卵機能が回復することがあります。
免疫異常
免疫機能に異常が認められる場合を免疫異常と言い、細胞膜に対する抗体リン脂質抗体が陽性であると不育症の原因となります。

お子さまをお望みの方へ、カンタンWeb診断

  • 不妊治療が初めての方
  • 不妊治療経験のある方
  • ブライダルチェック
  • Doctors File

著書紹介

赤ちゃんを授かるための
ママとパパの本

西川 吉伸 著

赤ちゃんを授かるためのママとパパの本

いちばん丁寧に心を込めて解説した「赤ちゃんを授かるための知識」が詰まった1冊です。

その他の書籍はこちら

  • プラセンタ
  • 院長ブログ
  • キレイ日和
  • 院長コラム
  • 用語集
  • 求人情報

クリニック情報

〒541-0051 大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビル1F  
06-6201-0317(代)

通院中の方:06-6201-0317 初診の方:06-6231-6335

当院は予約制になっています

  • はじめての方
    初めての方 06-6231-6335

    06-6231-6335

  • ご通院中の方
    ご通院中の方 06-6201-0317

    06-6201-0317

WEB予約はこちらから

木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診です。
初診の方とご通院の方で、受付時間が異なりますので、ご注意ください。

受付時間 診療時間
午前 通院中の方 9:30~12:30 9:30~13:30
初診の方 9:30~12:00
午後 通院中の方 15:30~18:15 15:30~19:00
初診の方 15:30~17:30

西川婦人科内科クリニック